NEW & TOPICS

お彼岸用フルーツセット承っております

2019年9月17日

「お彼岸」は、「春彼岸」と「秋彼岸」の年2回、春分の日と秋分の日の前後3日を合わせた7日間のことです。お彼岸の初日を「彼岸入り」、春分の日と秋分の日を「彼岸の中日」、7日目の最終日を「彼岸明け」と言います。春分の日と秋分の日は国民の祝日です。春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」、秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」と定められています。

また、春分の日と秋分の日は昼と夜の長さがほとんど同じで、太陽が真西の方角に沈みます。仏教の考え方では、西にあの世が存在する場所があるとされています。そのため、春分の日と秋分の日は、あの世と最も距離が近くなる日と考えられました。

ご先祖様への御供えものに秋の味覚のフルーツはいかがでしょうか。
ぶどう、西洋梨、りんご、温室の柿など種類豊富に取り揃えております。
お好みの組み合わせでお彼岸用のフルーツセットのご注文も承っております。
ぜひご来店お待ちしております。

年別アーカイブ

ページの先頭へ