Peach

桃は、中国が原産で3千年以上前から食用として栽培されていました。日本には縄文時代の晩期から弥生時代にかけて中国より渡来したと考えられています。その後、品種改良を重ねて現在のような甘くジューシーでとろけるような桃が完成し、世界でも高く評価されるようになりました。

効能

桃の主成分である果糖は体内で素早くエネルギーとなるので、朝食時や疲れた時の栄養補給にぴったりです。ペクチンなと食物繊維も多く含まれることから便秘の予防にも効果を発揮します。また、桃は皮と果実の境目部分に特に甘みと栄養が多く含まれていますので、表面の産毛を洗い落として皮ごとお召し上がりいただくのがおすすめです。

見分け方

左右対称にきれいな丸みを帯びていて、全体に産毛があり良い香りのするものを選ぶと良いです。皮の赤みの濃い方が甘みが強くなります。

保存方法

固い桃は新聞紙などで包み、風通しの良いところで常温保存すると果肉が柔らかくなります。冷やし過ぎると甘みが損なわれるので、召し上がる2~3時間前から冷蔵庫の野菜室で冷やすのがおすすめです。枝についていた方を上にして、下にいくほど甘くなりますので、カットする時は縦にくし形に切り、枝側から食べると最後まで甘みを楽しめます。

ページの先頭へ