西洋梨Pear

甘くとろけるような食感の西洋梨は、日本へは明冶初期に欧米から導入されましたが、食べ頃や栽培が難しいことからなかなか定着しませんでした。昭和後半頃からようや<晋及し始め、現在の主流であるラ・フランスやル・レクチェ、バートレットを中心に生産量が増加したことで、秋の味覚として定着し、生産・消費ともに増加しています。

効能

西洋梨は、水分と食物繊維が多いので便秘の予防などに役立ちます。また、発熱によるのどの渇きや痛みの緩和、二日酔いに有効で、利尿効果があります。カリウムも豊富に含まれているため、高血圧予防に効果が期待できます。

見分け方

西洋梨は追熟が必要なフルーツです。本来の美味しさを十分楽しむために、食べ頃の見極めが重要です。西洋梨の品種の多くは、20℃前後の場所で追熟させ、軸のまわりをやさしく触ったときに柔らかさを感じた頃が食べ頃です。

ページの先頭へ